質屋の疑問点を解決します!

質屋の利用に関係する法律

質屋の利用に関係する法律 質屋を利用してお金を借りたい、要らなくなった腕時計やカメラ、ブランド品を売却してまとまった現金を受け取りたい、このときお店に持って行く品物をきれいに掃除したり付属品をすべて揃えるなどは基本的な作業です。
これに加えて用意しておかなければならないことは、身分証明書の準備です。
身分証明書には運転免許証やパスポートなどの顔写真が掲載してあるもの、住民基本台帳カードや健康保険証など質屋のホームページを確認して持参できるものを用意しておきましょう。
質屋は古物商取引を行うお店で、古物商取引は法律で定められた認定店舗です。盗品や偽物などがお店に届いたとき警察に協力する目的でお客さんの所在を確認するなどこの法律の中に存在しており、運転免許証などの身分証明書が必要になります。
もちろん、自分が所有していたものを売ったり質預かりするわけですから盗品ではなく堂々と取引はできますが、古物商取引の中には身分の確認を要することがルールになっているため協力することが大切です。

買い取りか質預かりかで違う 質屋を利用できる年齢

買い取りか質預かりかで違う 質屋を利用できる年齢 質屋を利用できる年齢は、質預かりと買い取りによって違ってきます。
質預かりは質屋営業法により、18歳以上から利用できますが、買い取りは古物法により利用できるのは20歳以上となっています。また、多くの自治体が青少年保護育成条例によって、未成年からの買い取りを禁止しています。
つまり、18歳未満の人はお金を用立てるために質屋を利用することはできないということです。そのため、質屋を利用するためには、年齢確認書類が必要となります。
写真付きの運転免許証やパスポート、マイナンバーカードなどが望ましいですが、保険証や発行から3か月以内の住民票や印鑑証明書なども使えます。
証明書類は基本的にコピーは使えないので、必ず原本を持っていくことが必要です。ただし、20歳未満の人からの買い取りについては、保護者の同意があれば可能な場合もあります。
一部、保護者の同意書があれば買い取りが可能な業者もありますが、通常は保護者の同伴が必要です。

新着情報

◎2021/1/5

質屋の利用に関係する法律
の情報を更新しました。

◎2020/11/13

サイト公開しました

「質屋 法律」
に関連するツイート
Twitter